大腸がん検査と検診

 大腸がんは一般的に自覚症状がありません。 だからこそ発見が遅れることが多いのですが、 早期に大腸がんやポリープをみつけるためには、 症状がなくても検査や検診を受けることが最も重要です。

 大腸がん検査は、便に血液が混じっているかどうかを検査する「便潜血検査」が基本であり、早期発見の手掛かりになる検査方法です。 しかし、診断を確定するためには「大腸内視鏡検査」が必須であり、内視鏡を肛門から挿入して直腸から盲腸まで大腸のすみずみを調べます。 その際にがんやポリープなどの病変が認められた場合、一部の組織をとって顕微鏡で調べることもできますし、 小さなポリープはその場で内視鏡的に切除を行うことも可能です。

 もちろん、「大腸内視鏡検査」だけではなく、医師が指を直腸内に入れてしこりなどを調べる「直腸指診」、 X線写真によってがんの位置などを探る「注腸造影検査」、超音波(エコー)などによりがんの転移などを調べる「腹部超音波検査」 など様々な検査方法があり、複合的に検査を行う場合もあります。

 最近では、大腸3D-CT検査といって肛門から空気を入れてCTをとるだけで、 大腸の状態を検査する方法や、2㎝位のカプセルを飲んで大腸の内部をみるカプセル内視鏡も開発されています。

 まずは、検査のための食事制限等を行う必要がなく、比較的安易に検査が受けられる「便潜血検査」から受検して頂きたいと思います。 現在、多くの自治体で40歳以上の方を対象に大腸がん検診(便潜血検査)を行っていますので、区・市町村役所に問い合わせてみてください。